アラサーIT女子のくらしノート

アラサー既婚SEの日々の暮らし。シンプルライフ目指し中。1月出産予定。

保育園激戦区。早生まれは不利。

我が子の出産予定日は1月。早生まれである。

生まれ月については何も考えずに妊娠しましたが(考えたところでその通りに行くとは限らないが・・)、あとでよくよく調べると、保育園活動いわゆる「保活」においては、早生まれは大変不利な状況ということがわかった。

特に、今住んでいる神奈川県川崎市は日本有数の保育園激戦区なので、不利な状況なりに早めに保育園活動を開始しようと思っています。

不利な理由その1 0歳4月入園を目指すなら妊娠中から保活

待機児童が多い保育園激戦区においては、0歳4月の入園ができないと、それ以降の入園は大変狭き門である。0歳4月入園を逃すと、認可・認可外でも1年や2年待ちという声もたまに見かける。

4月入園のための活動は夏や秋から始まるので、1月生まれの場合、出生前の妊娠中に活動開始をする必要がある。2月生まれや3月生まれの場合はもっと状況が悪く、0歳4月時点では保育園の受け入れ可能月齢に達していないため、0歳4月入園自体ができない。

不利な理由その2 そもそも受け入れ可能な保育園が少ない

その1でも少し触れたが、保育園ごとに受け入れ可能月齢が決まっている。1月生まれの場合、0歳4月時点で月齢2、3ヶ月である。区から入手した認可保育園のリスト、市の認証保育園の各ウェブサイトで調べたところ、全部で約50ほどある近隣の保育園のうち、月齢2,3ヶ月から受け入れている保育園は5園(認可2園、市認証3園)だけ。

ただでさえ何十個も入園希望を出して第10希望にようやく決まるような自治体で、そもそも2園しか申し込みできないとなるとどう考えても不利である。

 不利な理由その3 育児休職期間が短い

これは私の個人的な気持ちの問題ですが・・これまで10年弱、仕事ばかりしてきたのでしばらくゆっくりと仕事を離れて家のことをしてみたいという思いもあった。

が、もし0歳4月入園となると、5月復帰として、11月半ばの産休開始後、育休は4月で切り上げとなる。半年も休めないじゃないか!(泣)

私の会社では育児休職は最長で3年取得できるが、そんなに長く取得している人は見たことがないけど、半年というのもあまりいないと思う・・。大体1年か2年くらいかな。みんな1歳で保育園に入れているのであろうか・・。

もちろん自分が休みたいだけではなく、第1子ということもあり、子供となるべく長く過ごしたいというのもある。

 

という不利な点がいくつかあるものの、仕事復帰時期・入園時期・お金・リスクなどトータルで色々検討した結果、0歳4月入園に向けて活動を開始する決意をしたところです。

今後の保活状況は随時更新していきます。